About Letterpress

What is Letterpress?

レタープレスとは

レタープレスプリンティング、活版印刷は ⾦属や⽊で

凸の版をつくり、それをならべて塗料を塗り、

圧をかけて印刷する印刷⼿法のこと。

ヨーロッパでは1445年のグーテンベルグによる

はじめての活版印刷機の発明からはじまり

約500年にわたり最も普及した印刷技術でした。

しかし、1970年代からはじまる印刷技術のデジタル化で

レタープレスは急速にすたれていきました。

そして、多くの印刷所がレタープレス印刷機を

廃棄または安価な価格で⼿放すこととなります。

しかし、近年レタープレスのもつ独特な仕上がりが

クリエイターを中⼼に再評価され、イギリス、アメリカを中⼼に

多くのレタープレススタジオがオープンしています。

Why is Letterpress?

レタープレスの魅力

本来レタープレスは”kiss touch”が良いとされてきました。

キスするように優しく圧をかけなるべく凹凸をつけずに仕上げ、

新聞や書籍などの裏⾯に影響がでないことが

⾼い技術として評価されていたのです。

ところがその後、反対に圧をかけることで⽣じる

表⾯の凹凸が作り出す陰影こそがレタープレスの独⾃性だとされ、

その美しさがレタープレスの再評価へとつながっていきます。

今では、あえて強い圧をかけ、紙素材にもこだわることで

くっきりとした陰影を与え、

その仕上がりを楽しむことが主流となってきています。

また、圧をかけることで活字そのものの線がくっきりと際⽴ち、

フォント(書体)の美しさを

より強く感じることができるのもレタープレスの魅⼒です。

How to Letterpress?

レタープレスの方法

レタープレスはすべて⼿作業で印刷していきます。

版を組み、インクを調合し、

紙を⼀枚づつ⼿で送りながら刷っていきます。

なので、たくさんの枚数を⼀度に作ることはできません。

けれども、1点1点、発⾊や刷り上がりの凹凸に

微妙な違いが⽣まれ、

むしろそれこそがレタープレスの魅⼒になっています。